ひより保育園ひより保育園

CALL

ホームに戻る

call

close

instagram

close

  • メニュー
  • 電話
  • アクセス
  • ブログ
  • 写真館

ひよりブログ

CATEGORY

採用に関して

すごいスピードで変化を繰り返している今の時代。
これからの社会を生きていく子どもたちに必要なのは
どのような経験でしょうか。

何かの知識や技術を身につけることも大事ですが、
わたしたちは、彼らが日々の暮らしのなかで
自分で考え、言葉を尽くし、人と関わり、失敗に学ぶ経験が
人生を生き抜くうえで必要なことだと思っています。

ひより保育園というひとつの社会のなかで、
子どもたちと共に学び、考え、時には小さな失敗もしながら
「今よりも もっといい未来」を創るため前に進んでいく。

子どもたちの生きる力を育む場をつくる仲間として、
保育スタッフの募集をいたします。

※今回は、職員の育休にともなう募集です。

この動画は、昨年度の活動「ひよりレストラン」の様子です。

3歳から5歳の園児たちが45食分のランチをつくり、
お客さんをもてなしました。

ひより保育園では、園児が活動をするときに
大人が極力介入しないこと、
「子どもだからこの程度かな」と大人が線引きしないこと、
まず全体の流れを説明し、「始め、続け、終わる」という
一連の流れを体験させることを大事にしています。

ですから、このレストランでのランチづくりも
「ランチをつくった」という単純な活動ではありません。

th_th_th_IMG_8645

たくさんの人に「美味しい」と言ってもらうことを目標に
園児は自分たちで、メニューを考えたり、
作業の分担をしたり、譲り合ったり、
勇気を出して自分でやってみたり、段取りをしたりと
全員で一つのものをつくり、お客さんにふるまう。

45人分の食事がどんな量なのか、
どれだけ材料が必要なのか、
時間はどのくらいかかるのか、
子どもたちの想像をはるかに超えていたと思いますが、
正面から「食べること」に向き合う彼らの姿に、
わたしたち大人もたくさんの気づきや学びをもらいます。

shokuiku

ひより保育園のコンセプトである
『こどもたちの親友でありたい』には、
子どもも大人も日々の暮らしのなかで
学び合いや響き合いがあるような場をつくりたい
という想いが込められています。

その子どもたちと接するなかで大事にしたいのは、
どんな時も言葉を尽くし、きちんと人と向き合うこと、
失敗を恐れずにチャレンジしてみること、
何事にもまず好奇心をもって、楽しんでみること。

大人がいきいきと働いている姿を目にすることができ、
ひとりの人として尊重されて育つこと。

そうすることが子どもたちの人生の選択肢を広げ、
「生きる力」に繋がっていくと信じています。

ひより保育園をそんな学びの溢れる場にしていくために
あなたのお力をお貸しください。

想いのある皆さまのご応募を、心からお待ちしております。

th_th_DSC_5234


■どうしてスタッフを採用するのか?

私たちひより保育園は、
少し前まで日本のどの地域にも普通にあった、
「心地よくて、おせっかいで、
少しめんどくさいけど、なぜかそこに帰りたくなる」
町の風景を今の時代に合ったかたちで取り戻したい
と思っています。

そのためにやりたいことがたくさんあるので、
一緒に取り組める仲間を増やして、
実現へのスピードを上げたいというのが、
ひとつめの理由。

ふたつめの理由は、保育や調理の先生に
「自分の暮らし」を真ん中に置いた働き方をする
模索をしてもらいたいと考えているからです。

私たちは、もっと勉強したいし、語り合いたい、
家族もプライベートも大事にしたい。
何より、もっともっと子どもたちの親友として
キラキラと輝いていたい。

そのために、仲間を増やして
より柔軟な働き方を実現したいと思っています。

さいごの理由は、新たな視点を持った人が入社して
今いるメンバーが刺激を受けることが、
私たちが健全なチームをつくるうえで
大きなプラスの経験になると思っているからです。

新しい仲間が加わると、
今いるメンバーがこれまでの経験を語ったり、
チームとして目指すものやルールを伝えたりするなかで、
今自分たちがやっていることの目的や意味を
振り返ることができます。

そのときに新しい仲間の視点をかりて、
従来のやり方や慣習にとらわれず、
いま本当に必要なことは何かを考えてみる。
この経験は、チームが成長していくための
かけがえのない財産です。

想いを実現させたい、
自分の暮らしを真ん中に置いた働き方をしたい、
そして、健全なチームであり続けたい。

これが、私たちが新しいスタッフを採用する理由です。

22279641_1495770127170110_7696727151384694661_n (1)


保育スタッフ(正社員/中途・新卒)求人募集要項
※平成30年度8月時点

th_スクリーンショット 2018-07-22 16.25.57

 


保育スタッフ(パートタイム)求人募集要綱
※平成30年度8月時点

スクリーンショット 2018-07-12 09.23.55

 

採用の流れ:
① 問い合わせ…電話またはお問い合わせでご連絡ください
② 説明会…保育園の方針や働き方についてお話します
③ 面談…子どもや保育への想いをお聴かせください
④ 実習…子どもたちと過ごして普段の接し方をみせてください
⑤ 採用…いっしょに、想いをカタチにしていきましょう
(試用期間3ヶ月あり:試用期間中も給与は満額支給)

説明会日程:
8月  12日(日)、18日(土)、22日(水)
9月    2日(日)、15日(土)、22日(木)

※会場は ひより保育園 となります。
※時間は 10:00〜15:00 のうち 40〜60分程度を予定しています。
※別日をご希望の方は、個別で日程調整いたします。
お気軽にお問い合わせください。

■説明会の予約・お問い合わせ
電話・お問い合わせフォーム からご連絡ください。

電話をする :0995-48-5255(担当 しらみず)
お問い合わせ:https://hiyorihoikuen.com/contact/


 

●ひより保育園が求める人材像(全職種共通)
※応募の前に必ず目を通してください。

 

 

shere

食べることは生きることと言いますが、
それは単に「人の体が食べた物で作られている」
という意味にとどまりません。

食べることに、子どもと大人が真剣に向き合うことで、
企画や調理、片付けなどを通して、人と協力すること、
段取りをすること、怪我から学ぶこと、人をもてなすこと、
全体の動きを見て立ち居振舞うこと、譲り合うこと、
自分の意見を伝えることなど、様々な経験を積み重ねる。

わたしたちは、「食べること」を通じて
ひより保育園を「生きる力」を育む場所にしたい
と思っています。

そんな保育園の根幹にある「食べる」活動を担う
仲間として、調理・食育スタッフの募集をいたします。

※今回は、職員の産休にともなう募集です。

100年前も、きっとどこかで食べられていた、
丁寧に調理された家庭料理。
それがひより保育園の目指す給食の姿です。

契約農家さんから仕入れるお米と野菜。
お肉も魚も信頼できる地元のお店から仕入れています。

カロリーよりも「食べたい!」「おいしい!」を大事に。
1品のカロリーよりも1日の栄養バランスを優先して。
頭で考えることよりも、心の満足を基本に。

加工品は使わず、昔ながらの製法で作られた調味料で
味付けした旬の食材のおいしさを、とことん味わえて、
心も体もホッとする。
そんな給食を目指しています。

21314484_1465087513571705_2615658102315396908_n

そんな給食を目指している、
調理・食育スタッフが働く給食室と園児用の調理室は、
玄関から入ってすぐの園舎で一番目立つ場所にあります。

この場所で、調理の先生たちには
美味しい給食をつくったり、園児に調理の指導をしたりと
毎日活躍していただきます。

たんに美味しいご飯を食べるだけでなく、
園児が自分で食材の下ごしらえや調理などをおこない
「食」に様々な角度から向き合う機会をもっとつくりたい。

そんな想いで、調理・食育スタッフを募集します。

想いのある皆さまのご応募を、心からお待ちしております。

th_DSC_7682

■どうしてスタッフを採用するのか?

私たちひより保育園は、
少し前まで日本のどの地域にも普通にあった、
「心地よくて、おせっかいで、
少しめんどくさいけど、なぜかそこに帰りたくなる」
町の風景を今の時代に合ったかたちで取り戻したい
と思っています。

そのためにやりたいことがたくさんあるので、
一緒に取り組める仲間を増やして、
実現へのスピードを上げたいというのが、
ひとつめの理由。

ふたつめの理由は、保育や調理の先生に
「自分の暮らし」を真ん中に置いた働き方をする
模索をしてもらいたいと考えているからです。

私たちは、もっと勉強したいし、語り合いたい、
家族もプライベートも大事にしたい。
何より、もっともっと子どもたちの親友として
キラキラと輝いていたい。

そのために、仲間を増やして
より柔軟な働き方を実現したいと思っています。

さいごの理由は、新たな視点を持った人が入社して
今いるメンバーが刺激を受けることが、
私たちが健全なチームをつくるうえで
大きなプラスの経験になると思っているからです。

新しい仲間が加わると、
今いるメンバーがこれまでの経験を語ったり、
チームとして目指すものやルールを伝えたりするなかで、
今自分たちがやっていることの目的や意味を
振り返ることができます。

そのときに新しい仲間の視点をかりて、
従来のやり方や慣習にとらわれず、
いま本当に必要なことは何かを考えてみる。
この経験は、チームが成長していくための
かけがえのない財産です。

想いを実現させたい、
自分の暮らしを真ん中に置いた働き方をしたい、
そして、健全なチームであり続けたい。

これが、私たちが新しいスタッフを採用する理由です。

th_imai

調理・食育スタッフ(パートタイム)求人募集要項
※平成30年8月時点

スクリーンショット 2018-07-12 09.24.21

採用の流れ:
① 問い合わせ…電話またはお問い合わせでご連絡ください
② 説明会…保育園の方針や働き方についてお話します
③ 採用面談…食や子どもへの想いをお聴かせください
④ 採用決定…いっしょに、想いをカタチにしていきましょう
(試用期間3ヶ月あり:試用期間中も給与は満額支給)

説明会日程:
8月  12日(日)、18日(土)、22日(水)
9月    2日(日)、15日(土)、22日(木)

※会場は ひより保育園 となります。
※時間は 10:00〜15:00 のうち 40〜60分程度を予定しています。
※別日をご希望の方は、個別で日程調整いたします。
お気軽にお問い合わせください。

■説明会の予約・お問い合わせ
電話・お問い合わせフォーム からご連絡ください。

電話をする :0995-48-5255(担当 しらみず)
お問い合わせ:https://hiyorihoikuen.com/contact/


 

●ひより保育園が求める人材像(全職種共通)

※応募の前に必ず目をお通しください。

shere

あき

副園長の石川あき先生に、お話をうかがいました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

古川:フルタイムで働くことを決意なさったきっかけって何ですか?

石川:最初はパートで働こうかなと思っていたんですけど。(笑)
   とにかく、(ひより保育園で)働きたかったんです。
   ホームページを見て、パートでもなんでもいいから働きたいなと思って、
   面接に行って、(園長と)話をしている時に、
   「フルタイムで!」と勢いで言ってしまったんですよ。

古川:笑!うんうんうん。

石川:娘が進学をするので、経済的にもフルタイムのほうがいいな
   と思っていたところもあるんですけど、一番下の子が小学校も卒業で
   落ち着いてくるので、自分の時間がもっと取れるかなと思ったのと。
   普段から考えていたんですけど、この歳になってフルタイムの就職って
   なかなかないと思うんですよね。

古川:そうらしいですね。他の先生からも聞いたことがあります。

石川:ええ。保育園で働くにしても週数回のパートがほとんどなので、
   面接の時に、一応「フルタイムで働かせていただけるんですか?」と
   聞いたら、年齢とか、これまでどんな働き方をしてきたかとかは関係ないと
   言ってくださったので、もう、勢いで(笑)
   そんなこと、もうないと、人生の中でフルタイムで働けることなんてないと
   思ったので、その数秒後には「フルタイムで働かせてください」
   「ぜひ正規職員で」と。(笑)

古川:よくぞ、ご決断くださいました。(笑)

石川:いやぁ、ほんとに。もうないだろうなと思ったので、
   ありがたいなと。

古川:実際、働かれてみていかがですか?
   実は、小耳に挟んだんですよ(笑)
   あき先生が「たいへんだ~!」っておっしゃってたって。

石川:私、フルタイムで働くのって初めてなんですよ。
   ずっとパートでやってきたので。
   その違いとか。あと、ここの保育園の先生方って、みなさん
   本当にレベルが高いので、できる仕事とかも、もう、想像以上。
   素晴らしい方たちばっかりの集まりなので、焦っています。

古川:なんで~!先生は、今のままで十分ステキですよ。

石川:(笑)いや~、みなさん、ほんとそうおっしゃってくださるんですけど、
   やはり、日々、できることを少しずつでも増やしていきたいと。
   もちろん焦りもそうなんですけど、もともと、仕事を覚えるのに人の3倍くらい
   時間がかかるので、向上心を持って頑張りたいなと。
   ほんとに、周りの先生方が、「あき先生、今のまんまでいいんだよ」って
   言ってくださるんですけど、素直に喜べないところがあって、、、。

古川:え~?

石川:(一緒に担任を持っている)たかこ先生からも「そこは素直にありがとう
   っていうところだよ!」って言ってくれるんですけど。なかなか、、、

古川:うんうんうん。私もそう思っています。

石川:(笑)でも、それも忘れずに、頑張りたいなと思える場所です。

古川:ありがたいです。

石川:いや。ここで働かせてもらえることが本当にありがたいです。
   本当に、どの先生方もすばらしくて、子どもへの接し方とか、声のかけ方とか
   細やかな配慮ができる先生が多くて、日々勉強になっています。
   もちろん、担任として働かせてもらえることもありがたいんですけど、
   それぞれの先生方に、1日ずつ密着して勉強したいですね(笑)
   休みの日も来たいです。

古川:笑!私もすごくびっくりしたんですが、けっこう先生方 休みの日にも
   園に来てらっしゃいますよね。

石川:そうそうそう。しょっちゅう来ています。
   どんだけ好きなの?ひよりがって。「また来てる!」
   「あれ?今日休みじゃないの?いつもよりきれいな格好して」って(笑)
   みんな好きなんですよね。ひよりが。

古川:(笑)
   私も常々感じているんですが、キャリアもですが、
   人として素晴らしい先生方が揃っていますよね。

石川:はい。素晴らしい先生方ばかりです。
   やっぱり、想いが強いからこそここに集まって来たんだろうなと思います。
   みなさん、いろいろな現場で仕事をしてらっしゃったんですけど、
   「ここなら、自分の、保育に対する想いが叶えられる場所かな」と思って。

古川:うんうん。

石川:けっこうみんな、子どもに包丁持たせるにしても畑作るにしても、
   計画とかすごく大変だと思うんですけど、(私の目には)サラッと
   やってらっしゃるように見えて。
   廊下通るたびに(他のクラスを見て)「え!そんなことやってるの?」
   「え?次そんなことするんだ」「え?何ができるの??」って(笑)   

古川:他のクラスが気になってしょうがない。

石川:はい(笑)

古川:時々、先生方おっしゃってますよね「帰りたくないんです!」って(笑)
   休みの日も一緒にライブにいったりしてらっしゃったり、
   食事会の後も、みんななかなか帰らなかったり。

石川:そうそうそう。話がつきないですね。仕事の話だけでなくみなさん、
   ほんと、いろんな知識がおありなので。楽しいんです。(笑)

古川:「女性の集まり」なのに、ね。

石川:そうそうそう。保育の現場って、いわゆる「女性社会」で、独特のものが
   あったりするんですけど、他の先生たちとも言うんですが、
   「ここはおっさんの集まりだよね」って(笑)
   ネチネチしたのが全然ないんです。そういうのも取っ払って、
   みんなで「やりたいね!」っていうのが大きくて。

古川:みんな見ている方向性が同じだからかもしれませんね。

石川:そうですね。やっぱり、忙しい中でも、もっともっと繋がりたいというか、
   横の繋がりだったり、そういうものを大事にしているので、
   すれ違いから起こる いざこざだったりが少ないのかなと思います。
   業務連絡にfacebookの秘密グループを活用しているのもいいですよね。
   facebookってこんな使い方ができるんだって思いました。

古川:いいですよね。休んだ日も、その日に園で何があったかわかりますしね。

石川:そうそうそう!
   「えー!今日こんな楽しそうな活動したの?私がいないのに!」って
   だから今日はどんな楽しいことをしてやろうかなと思いながら(笑)
   「野菜を収穫しました~!」とか投稿するんです(笑)

古川:笑!

石川:もう、家に帰っても、夢の中でもひよりのことを考えていますよ。

古川:え?どんなことを?

石川:明日はどんな楽しいことしようかな~とか、
   ○○ちゃん、今日は目を真っ赤に腫らして来てたけど、ぐっすり眠って
   明日はまた元気に登園してくれるかな~とか。

古川:愛ですね。  

ーーーーー 

古川:ひよりを、初めてfacebookの記事で知って
   「面接に行こう!」と思った時に想像していた姿と、
   実際働いてみて感じている今の姿とで、
   何かギャップみたいなものってありますか?
   これは思ってたのと違うな~みたいな。

石川:それはないですね。ないと言うか、、、。
   はじめてひよりを知った時は、そこにまだ「ひより保育園」というものが
   実在していなくて。

古川:うんうん。

石川:あの~、、、自分たちの想いが こう、入れていける、
   生かされる場だと感じていたので。
   ゼロから自分たちも一緒に「作っていける」というか。
   だから、入ってみて「あ~、違うな」という感覚はなくて。
   理想に向かって、いろんなことにチャレンジしたり、やっているうちに
   思ってもみなかった発見があったり。
   みんなで「理想」を作っていける場なので、イメージと違うなという感覚は
   持ったことがないですね。

古川:うんうん。役職がついてるから偉いとか、今日入って来たばかりだから
   下積みから みたいなのもないですしね。いい意味でフラットだというか。

石川:はい。それはみんなそう感じていると思います。
   意見をしても「去年もこうだったから」とか「あなたパートでしょ?」みたいな
   空気がなく、「とりあえずやってみようか!」って。「やってダメだったら
   また考えようか!」って、言ってもらえるので。

古川:うんうん。そうですね。

石川:実は私、今まで、自分の意見をはっきり言ったことってなかったんですよ。
   でも、ここでは、「あ、わたし意見を言っていいんだ」って。
   「え?私が言ったことが採用された?!」って。

古川:ええ?うそでしょ?

石川:そうなんです。ほんっとに。
   ここは最初から不思議な場所で。家族みたいな。
   却下されないというか、「とりあえず言ってみる」が許される場だなと思っています。
   「これいいんじゃないかな?」って思ったことが、どんどん試せる。
   「とりあえず、やってみよう!」ってみんなが共感してくれる場ですね。

古川:なんか、1年後の自分とか、1年後のひより保育園って、毎年どんどん
   変わっていそうですよね。

石川:ほんとにそう思います。
   これから、少しずつ大きくなっていくなかで、
   どんな仲間が増えていくんだろうって。
   勝ち負けとかないし、みんなで協力していけばいいんですけど、
   どこかで「負けていられない!」って。(笑)
   (あなたは)もういらないですって言われないように
   これからも頑張ってしがみついていきます。

古川:いえいえいえ。
   私たちも、握りしめています。

石川:(笑)ありがとうございます。

======
インタビュー後記

あき先生のお人柄が伝わってくるインタビューで、とても楽しかったです。
一言で言うと「ほんわか」といった感じのあき先生ですが、
奥に熱いものを秘めていらっしゃる方です。
どんな時も自分を飾ることなく誠実なところ、
何事にもまっすぐに取り組まれるところなど、
心から尊敬しています。

日中、精一杯お仕事をなさって、お子さんをお迎えに来る保護者のみなさんが
少しでも気持ちよくいられるようにと、小さな配慮ができるステキな女性です。

あき先生、いつもありがとうございます。 (ふるかわ)
======
ひより保育園を一緒に作っていきませんか?
おめでた(!)などで産休・育休に入るフタッフがいたり、
入園希望者の増加などにともない、新しい仲間を探しています。

保育士の募集要項は こちら
調理スタッフの募集要項は こちら

shere

園児の増加に伴い、ひより保育園の目指すものを、
一緒にカタチにしてくださる方を追加募集します。

今回は、子どもたちの園生活を支える
保育スタッフの募集です。

17880119_1319856084761516_2516094035403388825_o (1)

ひより保育園がスタートして早3ヶ月。
子どもたちも園生活に慣れはじめ、
ひとりひとりの個性や興味が表に出てきました。

7月は、給食・おやつの調理や野菜づくり などの食育活動をはじめ、
子どもたちの興味関心に合わせた 長期的な活動も本格的にはじまっています。

「子どもたちが たくさんの大人やクラスメイトから愛され、
 かけがえのない人生のこの時期を 十分に味わいつくせる場所にしたい。」

「子どもたちが 失敗と成功を積み重ねながら、
 生きる力を伸ばしていける環境をつくりたい。」

私たちが目指すものをカタチにする大事な時期だからこそ
さまざまな経験や視点をもつ方を仲間に加え、前に踏み出していきたい。
そんな想いで、今回保育スタッフを追加募集します。

想いのある皆さまのご応募を、心からお待ちしております。

 


保育スタッフ(フルタイム)募集要項 ※平成29年7月1日時点

募集人数:1名

仕事内容:0歳児から5歳児までの保育、関連業務

勤務地:ひより保育園 (霧島市国分新町2丁目15-5)

勤務日:週5日(月〜日・祝)

勤務時間: 7:00~20:00 のうち実働8時間(シフト制)
※業務の都合により勤務時間は変動する場合あり
※週休2日制

給 与:月額170,000円〜(資格手当含む)

賞 与:業績に応じて支給

休 日:週休2日制、夏季休暇、年末年始、慶弔休暇、
有給休暇(入社後6ヶ月経過後に付与)、産休・育休

待 遇:交通費支給(距離規定あり)、マイカー通勤可(駐車場無料)、
社会保険完備、役職手当、エプロン・Tシャツ貸与、給食あり(一食300円)

応募資格:保育士の資格を有すること

応募方法:
① 問い合わせ…問い合わせフォームまたは電話でご連絡ください
② 書類選考…履歴書をお送りください
③ 面接…子どもや保育への想いをお聴かせください
④ 採用…いっしょに、想いをカタチにしていきましょう
(試用期間3ヶ月あり:試用期間中も給与は満額支給)

 


保育スタッフ(パートタイム)募集要項 ※平成29年7月1日時点

募集人数:1名

仕事内容:0歳児から5歳児までの保育、関連業務

勤務地:ひより保育園 (霧島市国分新町2丁目15-5)

勤務日:週3日~OK

勤務時間:
① 7:00~20:00 のうち実働6~8時間
② その他 応相談

給 与:時給 850円

休 日:夏季休暇、年末年始、慶弔休暇など

待 遇:交通費支給(距離規定あり)マイカー通勤可(駐車場無料)、
保険加入(雇用・労災)、エプロン・Tシャツ貸与、給食あり(一食300円)

応募資格:保育士の資格を有すること

応募方法:
① 問い合わせ…問い合わせフォームまたは電話でご連絡ください
② 書類選考…履歴書をお送りください
③ 面接…子どもや保育への想いをお聴かせください
④ 採用…いっしょに、想いをカタチにしていきましょう
(試用期間3ヶ月あり:試用期間中も給与は満額支給)

備 考:
・朝夕の数時間、勤務いただける方も募集します。
・自分の暮らしを真ん中に置いた働き方をするために、
働き方の見直し面談を定期的に行い、業務に反映させます。

●ひより保育園が求める人材像(全職種共通)
※応募の前に必ず目を通してください。


 

shere

ひより保育園の調理スタッフが働く給食室と子ども用の調理室は、
玄関から入ってすぐの園舎で一番目立つところにあります。

この場所で、調理の先生たちには
美味しい給食をつくったり、子どもたちに調理の指導をしたりと
毎日活躍していただきます。
 
「園のど真ん中に給食室を置くなんて、大胆ですね!」と
見学いただく方から驚かれることもある、この配置。

でも、「食べることを活動のベースにしたい」という
想いを持っていた私たちにしてみたら、
ひより保育園の根幹となる活動をおこなう
この部屋を真ん中に置くのは、とても自然な選択でした。
 
ひより保育園の子どもたちは
きっと毎日、ガラス張りの窓を覗き込みながら
「今日のご飯はなにかな〜?」
「いい匂いがしてきた〜!」
「あれは、今日ぼくが切った野菜だっ!」と
調理の先生たちがご飯をつくっているのを
ワクワクしながら待っています。
 
保育園の一番目立つ場所で、
毎日美味しいご飯をつくってくれる、
子どもたちが憧れるかっこいい存在。

それが、私たちの目指す
ひより保育園の調理スタッフの姿です。

 

※入園予定児の増加に伴い、
 調理スタッフを1〜2名追加募集することになりました!

詳しくは、こちらをご覧ください。

■調理スタッフ(パートタイム)
https://hiyorihoikuen.com/2016/11/14/chori-p/

想いのある皆さまのご応募を、心からお待ちしております!
 
ーーーーーーー
●ひより保育園が求める人材像(全職種共通)
https://hiyorihoikuen.com/2016/11/14/jinzai/
※応募の前に必ず目を通してください。
ーーーーーーー

shere

おかげさまで、栄養士の募集は終了いたしました。

たくさんのご応募、ありがとうございました。

shere

私たち「ひより保育園」は、
内閣府の「企業主導型保育事業」という制度に基づき、
2017年4月に、霧島市国分新町に開園予定です。

これまでの認可保育所(認定こども園)と大きく違う点は、
霧島市内外の企業のみなさまと、
深く連携を取り合いながら、
園児たちの成長だけでなく、
そのお父さん お母さんである 「働く人たち」の
暮らしや環境についても 常に学び、考え、
時には小さな失敗もしながら
「今よりももっといい未来」を創るため
一歩ずつ確実に前に進んでいく。
そんな保育園であるというところです。

その「働く人たち」の中には、
もちろん ひより保育園で働く先生方や調理師の方々、
取引先となる事業所や企業の方々も含まれます。

仕事も暮らしもどちらも大事。

関わる全ての人たちが、上手に頼り 頼られながら
心地よいコミュニティを作っていく。

そのために、どうぞあなたのお力をお貸しください。

ーーーーーーーーー
ひより保育園の目指すものを、
保育の現場でカタチにしてくださる方を募集しています。

子どもたちにとっては、お仕事で忙しいお母さんやお父さんを
「待つ」ための場所ではなく、
たくさんの大人やクラスメイトから愛され、
かけがえのない人生のこの時期を十分に味わいつくせる場所に。

大人たちにとっては、仕事のために
やむなく「預ける」場所ではなく、
仕事と子育ての間にある溝を埋め、
子どものいる暮らしを豊かにする場所に。

地域社会にとっては、「閉ざされた」場所ではなく、
地域の企業やお店など大人たちが園の活動に加わり、
共に子どもの成長を見守るような街に開かれた場所に。

そして、働くお母さんお父さんを支える
保育士の働き方も変えていきます。

保育の現場で本当に必要な仕事とそうでない仕事とを、
業界外にいた私たちと
一緒にひより保育園を運営していく過程で、
常に新しい目で見つめ直します。

従来のやり方や慣習にとらわれることなく、
「自分の暮らし」を真ん中に置いた働き方を
模索してほしいと考えています。

ーーーーーーーーー
【求める人材像】
・子どもが好きであること
・食べること、体を動かすことが好きであること
・プロとしての責任感があること
・自分がこれまでに学んだことや、
 経験したことと違う意見でも、
 まずは受け止めてみる寛容さがあること
・言葉はもちろん、声の掛け方、視線、 
 自らが立てる音、表情などの全てが、
 園全体の空気感を作る要素だと理解した上で、
 よりよい園を作ろうという気概があること
・専門分野外の事も学んでみよう、やってみようと思う
 好奇心と成長意欲があること
・自分だけで仕事を抱え込まず、
 仲間に頼ることができること
・相手の年齢や肩書きにとらわれず、
 誰に対しても丁寧に接することができること
ーーーーーーーーー
【募集要項】
保育士(フルタイム)は、募集を終了いたしました。→追加募集します。
保育士(パート)はこちら
調理スタッフ(フルタイム)は、募集を終了いたしました。
調理スタッフ(パート)は、募集を終了いたしました。→追加募集します。
管理栄養士または栄養士は、募集を終了いたしました。

shere

アーカイブ

もっと見る
ホームへ戻る
COPYRIGHT © HIYORIHOIKUEN ALL RIGHTS RESERVED