ひより保育園ひより保育園

CALL

ホームに戻る

call

close

instagram

close

  • メニュー
  • 電話
  • アクセス
  • ブログ
  • 写真館

ひよりブログ

東郷未来先生インタビュー

元音楽教員で、今はひより保育園の給食室に
勤務してくださっている
東郷未来先生にお話を
聞きました。

※東郷先生は、ご自身が働くだけでなく、1歳の息子
ゆうま 君も
ひより保育園に通わせてくれています。

====

古川:今日はよろしくお願いします。

東郷:も~、楽しみにしてきました。
   このインタビューの別名が「りさこの部屋」だと
   聞いたので、オープニング曲を練習してきました!

古川:え??? もしかしてそのピアニカですか??(笑)

東郷:はい!独身時代からの私物です。
   いいですか?

古川:((大爆笑))
   もう、インタビューこれで終わって大丈夫な気が
   するんですが。

東郷:えーー!!!
   でも、こういう、頼まれてもない、自分なりの
   アイディアを(事前に許可を得なくても)
   「やってみよう!」って思えて、実行に移せるのも
   ひよりのいいところなんですよね〜。

古川:確かに。大歓迎ですもんね。こういうの。(笑)
   しかし、インタビュー第2回目からハードル
   あげましたね!インパクトありすぎる。(笑)

====

古川:では、さっそく質問を。
   開園前に、「ゆうまくんはまだ保育園に入れるには
   小さすぎるんじゃないか、まだかわいそうじゃないか」
   って意見があったじゃないですか。
   それに関して、入園前と後とで、心境とかゆうまくんの
   様子の変化ってありましたか?

東郷:入園前は、今振り返ると、確かに私も 覚悟が決まって
   ない面がきっとあって、そういう自分の不安が、、、
   子どもを預けながら働いたことがないから、
   どうなるんだろうっていうような、
   そっちの不安要素ばっかりが出てきて。
   そういうので(息子を)あおってた部分が
   あったのかなぁって。
   (開園前の時期は)とにかく ゆうまが不安定で。
   連れてきては泣く、一時預かりに連れて行こうと
   すると、もう、駐車場からギャンギャン泣いて。
   それに対して私も罪悪感を覚えて。

古川:うんうん

東郷:私は、職場に入ってしまったら仕事が楽しいから、
   気持ちの切り替えができるんですけど、
   「自分が」ひよりで働きたい
   「自分が」ひよりに子どもを入れたい。
   そういう「自分の」想いで、子どもを
   「犠牲」というか、、、、。

古川:うんうん

東郷:また、人の目もすごく気になるので、
   「子どもがかわいそう」って
   言われることを私はしているんじゃないかって。

   でも、絶対に(ひより保育園に)入れたら
   後悔しないという想いだけはあったので。
   絶対ひよりが開園したら「よかった」と
   思える日が来るんだ、そのために今私はやっているんだ
   と、自分に言い聞かせて。

古川:うんうん(笑)

東郷:で、結果的には、
   入園パーティの日から(大丈夫でした)。

古川:でしたね。

東郷:子どもが集まればね。
   うん、次の日も。
   預ける時と、迎えに行った時は泣くんですけど、
   まぁ、保育の先生方が頑張ってくださったんだと
   思うんですけど。

古川:いやぁ、でも結構、初日から ゆうまくん
   堂々としていましたよ。(笑)

東郷:(笑)
   「ゆうま先輩」って先生方から呼ばれて
   いましたもんね。
   「すべり台の使い方、俺 知ってるぜ」みたいなね。

古川:そうそう。(笑)
   先生たちが「さすが、ゆうま先輩、貫禄が違うね」
   って。

東郷:(笑)
   でも、(あんなに泣き虫だったのに)本当に、
   今では担任の先生たちから
   「ゆうま君はしっかりしていますよね」って
   言っていただけて。どんな”しっかり”なのか、
   よく分からないけど、彼なりに気持ちを
   切り替えてやってくれてるのかなと。

古川:うんうん。

東郷:なんか、家族とか親族以外に「安心できる場所」が
   一つ増えるって、すごい強みだなって思いました。
   しかもそれが、親も子どもも同じ場所だなんて。
   私はそれがすごくよかったって思いましたね。

古川:うんうんうん。
   ご主人も、花壇に花を植えてくださったりと、
   本当に家族ぐるみで
   ひよりに関わってくださっていますもんね。

東郷:そうなんですよ。夫も「おやじの会」みたいな
   ものができたらやるよ!っていつも言っています。

古川:ありがたいです。

====

古川:開園して3ヶ月ですけど、この3ヶ月でゆうまくんに
   何か変化ってありましたか?

東郷:まだ3ヶ月なんですね~!

古川:もっと長く感じますよね。

東郷:はい。変化。
   うーん、一番はやっぱり、クラスの他の子たちもみんな
   なんでしょうけど「言葉」ですよね。すっごく
   しゃべるようになりました。

古川:語彙が増えましたよね。

東郷:はい。あとは、担任の先生方がおっしゃるんですけど、
   ひよりの1歳児さんたちは、1歳児にしては
   友達同士の関わりが深いって。
   私はひよりしか知らないので、よく分からない
   んですけど、確かに3ヶ月経った今、
   入園当初にはみられなかったような
   子ども同士での横のつながりを感じますね。

古川:へぇ~

東郷:一緒に遊んでいたり、お迎えに行って帰るときに、
   必ずクラスメイトとタッチとギュー(ハグ)を
   したりとかですね。
   昨日は5歳のお兄ちゃんともしていました。

古川:上の子たちとも!

東郷:はいはい。上の子たちともよく遊んでいます。
   今日も、3時までの間クラスメイトは昼寝を
   していたので、以上児(3、4、5歳クラス)の
   部屋で遊んでいましたよ。

古川:でも確かに、他の保護者さんたちからも
   「語彙が増えた」っていう感想はよくいただきますね。

東郷:やっぱり環境ってね。子どもってすごいなって、
   私と家で2人だけで過ごしていたらこんなには
   (語彙が)増えなかっただろうなって思いますね。

古川:笑

===

古川:未来先生って、もともとは音楽の先生だった
   じゃないですか。そこから、給食室に転向って、
   大きなジャンプだったんじゃないですか?

東郷:(笑)はい。大きなジャンプでしたね。
   (自分でも)何考えてるんだろうって。

古川:その きっかけってなんだったんですか?

東郷:(笑)ほんっとに、不純なんですけど。
   はじめて ひより保育園ができるというのを知ったのが、
   去年の秋でした。
   「ココレカの人(=古川)が保育園作るんだ!」
   って。
   それまでは、うちは転勤族なので、
   ゆうまを保育園に入れるなんて考えてもいなかった
   んですよね。でも、(ココレカの)ワークショップに
   行ったりだとか、霧島で外のつながりができてきて、
   楽しくなったら欲が出てきて。

古川:うんうん。

東郷:最初はひよりで働けるなんて考えてもいなくて、
   「あぁ、こんなステキな保育園ができるんだな~」
   って。(自分には関係ないはずなのに)それでも
   募集要項を最後まで読んでる自分がいて。

古川:(笑)

東郷:そしたら、調理補助は資格不問って書いてあって!
   もう、そこからはトントン拍子で。

古川:ひよりの職員第1号ですもんね。

東郷:そうらしいですよね~。
   でも、決まったはいいけど「どうしよう」って。
   厨房で働いたことないし、、、。

古川:イメージがわかないですもんね。

東郷:そうなんです。
   私、たぶんイメージがわかないことにすごく恐怖を
   感じる性格みたいで。

古川:うんうん。

東郷:今まではある程度レールというか、
   ある程度予測可能な世界にいたので。
   どうすればいいのか分からないのと、
   自分の(働きたいという)動機が不純だったのも、
   なんとなく引け目を感じていて。
   みなさん、調理に対してすごく熱い思いを持って
   らっしゃるので、私が採用されたことで、
   他の「熱い思いを持っている人」が、
   ひよりに入れないという状況を私は作っているんじゃ
   ないかとか。
   「私、本当に辞めた方がいいんじゃないか」っていう
   波を、何度か経験しています。

古川:うんうん。

東郷:でもやっぱり、ひよりへの執着が消えなくて。
   自分の人生の中で「ここにずっといたい」と思える
   場所に関われるってなかなかないよなって。
   しかもそれに親子で関われるなんて。
   もう一生ないかもしれない。
   夫の転勤まで何年間かかもしれないけど、
   やっぱり、、、っていう感じで。
   しかもそこに(第2子の)妊娠がわかって。(笑)

古川:でしたよね。(笑)

東郷:はい(笑)
   もうだから、辞めようと思ったら辞められる要素は
   いっぱいありました。何回も、園長先生に
   (辞めますという)メールを書いて消して、という
   ことがありました。
   資格ない、子どもまだ小さい、妊娠したばっかり。
   そしてこの3つが全て、一緒に働く人に迷惑をかける。
   人に迷惑をかけるの、ほんっとに嫌なので。
   でも、今こうやって、産休を取ってもそれでも
   続けていられるって、本当にありがたいですね。

古川:実際、現場はどうですか?入ってみて。
   今はもう、だいぶ慣れたでしょ?

東郷:そうですよね。もう3ヶ月、、、。
   入る直前が一番苦しかったですね。

古川:でしたね。みんなそうでしたね。

東郷:一回、りささん(=古川)から
   「食育チームどうですか?」って聞かれたとき、
   私「しんどいです」って答えられなかったんですよね。
   たぶん、ひろみさん(給食室長)も
   すごく苦しかったと思うんです。
   でも、私はそのとき、人の苦しさに気づく
   余裕がなくて。経験してる人は先が見えて当たり前だ、
   私はそれについていけばいいやくらいに思ってて、
   でもそのついて行く方法すら分からない。
   他の人たちもすごく苦しいはずのに、
   それに寄り添うこともできない、
   ついていくこともできない、何かすることもできない。
   でも何かしたい。
   で、一人で空回りして余計な一言を言って
   しまったりとか。けっこう食育チームは正面から
   ぶつかっているので、何回も。

古川:うんうん。

東郷:修羅場を何回もくぐり抜けているので。(笑)
   私は、人との摩擦もすごく苦手だったんですけど、
   自分の中での苦しい経験が、結果として、
   今すごくいい方向につながっている実感があって。

古川:うんうん。

東郷:開園前にりささんから聞いていた、チーム作りのこと。
   まさにあれの通りに食育チームは(成長しましたね)。
   今でもまだまだいろいろあるんですけど、私は自分が
   このチームの一員でよかったなって思うし、
   それぞれのメンバーがいたから、
   今こうやって厨房が回ってるなって思いますね。

古川:私もそう思います。

東郷:今起こっていることを客観的な目で冷静にみられる
   自分がいます。
   今これは必要な衝突だとか、この人を含めて
   全体がチームとして上がるためには
   自分はどう立ち回ればいいだろうかとか。

古川:うんうん。

東郷:私、開園前に、(給食室長の)ひろみさんに、
   かなりバッサリ言われたことがあったんですよ。
   「そこまではっきり言うか?」ってくらいのこと。
   でも、厨房に入ってみて、ひろみさんの言ってた
   意味がよくわかって。
   あぁ、だからひろみさんはあんなことを
   私に言ってくれたんだって。

古川:うんうん(笑)
   はっきり ものをいう人ですもんね。

東郷:はい(笑)
   もう、バッサバサ!(笑)
   でも、本当に不思議な魅力のある人で、
   どんなに厳しいことを言われても
   ひろみさんにしがみついていきたいというか(笑)
   もう今じゃぁ、ひろみさんがちょっと困った顔を
   したり、私を頼ってくれたりすると、
   もう、すんごいやる気が出て(笑)
   「やりますともぉぉおおお!ぜひやらせてください!」
   って(笑)もう、エネルギーが(笑)

古川:笑!

東郷:開園前にこういう気持ちがあればよかったん
   ですけどね。

古川:いやいやいや、少しずつぶつかり合いながら。
   人の性格とか、ものの言い方の特徴とか、
   得意なこととかわかってきて少しずつチームに
   なるですもんね。

東郷:はい。
   私、人との付き合い方で、こんな経験って
   すごく久しぶりだったので、
   とても勉強になっています。
   みんな、みんなすごく苦しい時期が
   何度もあったと思います。でも今は、自分なりに、
   私だからできる それぞれの人への関わり方を
   していこうと考えられるようになりました。

古川:給食室って、園児の命に関わる現場ですもんね。
   みんな真剣だから。

東郷:はい。
   厨房に入ってしまえば、経験があるかとかないかとか、
   そんな言い訳できないですもんね。
   だから、私は、調理の人たちがほんっとに
   神経を張り巡らせて作ったそれを、
   私が担当している「配膳」の部分で台無しにして
   しまってはいけないって。

古川:すごくプレッシャーの大きい現場だと思う。

東郷:はい。
   まさかですよ、まさか。
   まさか、自分の人生で、厨房に立つ日が来るだなんて。
   (笑)
   でも、楽しいですね。やっぱりね。

(おわり)   

======
インタビュー後記
======
初めての職場、初めての厨房での仕事。
しかも息子さんを預けながら、おなかには第二子を抱えて。
いつも物腰が柔らかく、笑顔が絶えない未来先生ですが、
開園前のシミュレーションのとき(人手が足りず急きょ私も)
一緒に厨房に立った日のことよく覚えています。
普段からは想像もできないような、まっすぐで真剣な眼差し。
緊張と、責任に対するプレッシャーと、
ここでやって行くと腹を決めた覚悟が入り混じった
とても美しい横顔。
きっと、つらい日も、腹の立つ日もたくさんあったかと思います。
それらを、美しく繕わず、本音でお話しくださったことに
とても感謝していますし、なくてはならない
食育チームの大事な一員として、
ひよりの食を支えてくださっていること、
心からありがたいと感じています。

インタビュー後、
「本当は、もっと、厨房の一人一人のいいところを
聞いていただきたかった!」とおっしゃっていた表情が
印象的です。

まずは、元気な子を産んで。
はやく厨房に帰ってきてくださいね。

shere

アーカイブ

もっと見る
ホームへ戻る
COPYRIGHT © HIYORIHOIKUEN ALL RIGHTS RESERVED